新型クラウン

新型クラウンの価格

かつて車を買いたい人が夢みていたのは、「いつかはトヨタのクラウンに」ということでした。
そのようなトヨタのクラウンへの夢というのは、現在においても長く受け継がれています。

 

このようなトヨタのクラウンですが、新型クラウンが2012年末にトヨタからデビューしました。
このクラウン新型クラウンの価格はどうなっているのでしょうか?

 

やはり誰もが夢見る高級車だけあって、それなりの価格になっています。
しかし、新型クラウンと言ってもいろいろなグレードがあり、大きく価格帯も違ってきます。

 

全グレード中でも「ロイヤル」は、最も安い353万円の「ロイヤル」シリーズになります。
経済的にあまり余裕がないが、なんとかして「トヨタのクラウン」に乗りたいと思っている方には、「ロイヤル」はおすすめではないかと思います。

 

その他、「ロイヤル」シリーズは、410万円の「ハイブリッド ロイヤル」は410万円、
409万円の上級グレードの「ロイヤルサルーン」から536万円の「ハイブリッド ロイヤルサルーンG」までいろいろあります。

 

一方、「アスリート」シリーズにおいては、基本グレードの「アスリート」は357万円です。
その他、「アスリート」シリーズは、410万円の「ハイブリッド アスリート」から575万円の最上級グレードの「3.5 アスリートG」までいろいろ揃っています。

 

新型クラウンの価格は、大幅にハイブリッドタイプのエントリーが下がりましたが、ガソリンエンジンタイプはハイブリッドタイプより53万〜60万円安いということでほとんど据え置きになっています。

 

 

 現在の愛車の価格を知りたくないですか?最短30秒で分かります


クラウン新型2013の納期

「納期」というのは、購入する人に自動車を販売する人が納入することを言います。

 

購入する人にとっては誰もが、この納期までの間が非常に待ち遠しい時間と言えます。

 

こんな中で、多くの人に人気がある新型クラウンの納期の期間は、どれくらいなのでしょうか?

 

大体の目途としては、2〜3ヶ月納期までにかかると思っておくと良いでしょう。

 

しかし、新型クラウンと言ってもいろいろなグレードがあり、それぞれ人気も異なっているため、納期までの期間は若干の違いが生じてきます。

 

一方、楽しみにしていた新型クラウンが納期された場合は、つい忘れてしまいがちですが、注意しておきたいことがいくつかあります。

 

まず、天候というのは大切で、可能であれば夜間や雨天時を避けて、天気の良い日を選ぶほうがいいでしょう。
どうして天候が大切かと言うと、もし傷などがあった場合にはその場ですぐにチェックする必要があり、前もって言っておかないと、納期が完了した後では受け付けてもらえません。

 

オプションやグレードについては、納期の際に注文書とよく照らし合わせながら説明を受けることが大事です。

 

その他、トランク、ボンネット、ドアなどスムーズに開閉を行うことができるか、トランクやエンジンルーム内はきれいになっているか、車載工具類やスペアタイヤは揃っているか、など、
開けられる箇所は全部開けてチェックする事が大事です。

 

このような事を、新型クラウンが納期された時にチェックしておくと先々の問題が生じにくいでしょう。

 

こちらもおすすめ、今人気の軽自動車のハスラー 口コミやハイブリッドが人気の新型フィット口コミを紹介しています。